基本情報を知っておこう

寝転がる男女

東京で結婚式を行なうのであれば神前式が良いと思っているものの、実際には神前式についてよく知らない…そんな方は意外と多いものです。しかし、本当に神前式をするとなれば基本的なことくらいは知っておきたいものです。ここでは、神前式の基本情報についてお話します。

神前式の会場は基本的に神社です。雅楽の演奏に導かれながら神殿に入り、様々な儀式を行います。神前式ならではの厳かな雰囲気というのは儀式に参加した人しか体験することができません。
多くのカップルが選択しているキリスト教式というのは、チャペルで家族や親族のほかにも友人なども参列することができます。どんな方でも参加することができるという特徴があります。一方、神前式の場合には、家族や親族などの親族しか参列できない場合が多いです。寂しいと感じるかもしれませんが、親族のみで儀式が行われますので、より家族同士の絆を強くすることができます。
また、神前式で行われる儀式には独特な所作が含まれています。三三九度の盃、玉串奉奠など難しそうな所作ばかりなので、自分にはできなさそう…と思って諦めてしまうカップルも中には居ます。しかし、実際にはきちんとリハーサルがありますし、どれも難しい所作ではありません。また、本番でわからないことがあってもスタッフがサポートしてくれますので安心です。

東京にはキリスト教式も神前式も可能です。どちらを選ぶかはアナタの自由です。
みんなで賑やかに、華やかな儀式にしたいという場合には教会式。身内だけでこじんまりと、日本らしい凛とした儀式にしたいという場合には神前式が良いでしょう。